すみだゆかりの人物を紹介します(山岡鉄舟)

掲載日
2021年9月8日

墨田区で生まれた、育った、暮らしたなど、すみだにゆかりのある人物を紹介します。

山岡鉄舟

山岡鉄舟
画像は、国立国会図書館「近代日本人の肖像」より
生年月日:天保7年(1836)6月10日
没年月日:明治21年(1888)7月19日
職業:幕臣、政治家

プロフィール

 幕末・明治前期の幕臣。通称は鉄太郎、鉄舟は号。御蔵奉行・小野朝右衛門の長男として本所御蔵の役宅(現・横網1、旧安田庭園付近)で生まれる。剣を千葉周作に、槍を山岡静山に学び、山岡家の入り婿となる。
 安政3年(1856)講武所の剣術世話役。文久3年(1863)将軍・家茂の上洛を機に結成された浪士組の取締役となるも、尊攘派との関わりから免職となった。慶応4年(1868)精鋭隊頭となり将軍・慶喜の警護にあたった。慶喜の使者として西郷隆盛に面会、江戸開城についての勝・西郷会談の道を開いた。
 維新後は新政府に出仕し、静岡県権大参事、明治天皇の侍従等を歴任した。

墨田区とのかかわり

 父・朝右衛門の役宅である本所御蔵屋敷(現・横網1丁目)に生まれ、10歳まで過ごす。父は石高六百石の旗本だったが当時の消息を記す文献がないため、幼少期の暮らしは明らかではない。9歳のときから本所大川端の真影流・久須美閑適斎(くすみかんてきさい)の道場で剣術を学び、10歳のときに父が飛騨高山の郡代となったため生地を離れた。
 後年、自叙伝の執筆をすすめられた鉄舟は「書かなくったって残るものなら後世に残るし、残らぬものならいくら詳しく書いたって消えてしまう」(『山岡鉄舟先生正伝ーおれの師匠ー』小倉鉄樹/炉話、筑摩書房より)と語っている。

参考文献

山岡鉄舟先生正伝ーおれの師匠ー(小倉鉄樹/炉話、筑摩書房、2021)
「江戸無血開城」の真実(水野靖夫/著、星雲社、2021)
山岡鉄舟 決定版(小島英記/著、日本経済新聞出版社、2018)

作品

鉄舟随感録 新訳(山岡鉄舟/著、安部正人/編著、PHP研究所、2012)
剣禅話(山岡鉄舟/原著、高野澄/編訳、たちばな出版、2003)
武士道ー文武両道の思想ー(山岡鉄舟/口述、勝海舟/評論、勝部真長/編、大東出版社、1997)

すみだゆかりの人物リンク