本文上

おすすめのほん

おすすめの本 「よる」

2014年8月16日

えほん 『よふかしにんじゃ』 幼年~小学校低学年向け

まよなかでござる。
にんじゃは そーっと そっと 
ぬきあし、さしあし、しのびあし。
やっとたどりついた あるところ。
ふふふふ、いざ・・・・・・
とおもったら、あ、あれっ、しまった!
にんじゃにいったいなにがおこったのか?
しりたいひとは、このえほんをよんでみるでござる。

ページのトップへ

えほん 『でるでるでるぞガマでるぞ』 幼年~小学校低学年向け

おじいさんと おばあさんと ねこのマツが すんでいるふるいやしきは、まよなかになると ばけものがでる ばけものやしきです。
あるひ、おじいさんがきれいないしをひろってきましたが、なんとそれは ガマがねむるばけものいし。まよなかになると、ガマがでてきて、おじいさんとおばあさんのげんきのもとを、すいとってしまいました。
やしきにすむばけものや、ねこのマツたちはおこってガマとたたかいますが・・・
こんなばけものたちだったら、おともだちになりたいなとおもえる たのしいおはなしです。
シリーズで「でるでるでるぞ」 というえほんもあります。 

ページのトップへ

えほん 『まよなかのたたかい』 幼年~小学校低学年向け

プゥーン プゥーン プゥゥゥン
このおとがちかづいてきたらようちゅうい!
まなつのいやーなむしといったら さされるととってもかゆい 『か』 !
おとこのこと 『か』が まよなかにたたかいます。
みんなはどちらがかったとおもう?

ページのトップへ

よみもの 『オバケたんてい』 小学校低学年向け

としょかんにすんでいる おばけぱらぱら・ぽん と とけいとうにすんでいる おばけぐるぐる・ぼん は ともだちどうし。
まよなかにおきているおとこのこをおどろかそうとしたけれど、ぜんぜんおどろかないし、なんだかとてもなやんでいるみたい。
かわいそうになったふたりのおばけは、おとこのこにきょうりょくして、あるじけんをしらべはじめますが・・・・・・
よんでいるみんなもたんていきぶんになれますよ。

ページのトップへ

 『知って楽しい花火のえほん』 小学校中学年向け

夏の空の主役といったら花火!
墨田区の花火大会も毎年とても人気がありますよね。
この本は、花火の作り方や打ち上げ方、そして さまざまな種類の花火が、写真やイラストと共に わかりやすく紹介(しょうかい)されています。
この本を読んで、みんなも花火博士になろう!

ページのトップへ

よみもの 『くらやみの物語』 小学校中学年~高学年向け

夏の終わりに、大鬼が支配する『くらやみの国』にまよいこんでしまったコウタ。
『くらやみの国』から出るには、大鬼をやっつけなければなりません。
光よ闇(やみ)の両方をいったりきたりできる ハッチョトビと一緒(いっしょ)に 大鬼を倒(たお)す方法を探しますが・・・・

ページのトップへ

 『いつ寝るの?』  小学校高学年向け

夏休みに、はじめてキャンプにでかけたつよしとてるひろ。なんでも知ってるもの知り博士のてるひろのお兄さんも一緒です。
夜になって探検にでかけた3人は、さまざまな鳥や動物に出会い、夜の行動を観察します。
鳥や動物は、いったいいつどのように眠るのでしょうか?

ページのトップへ

よみもの 『真夜中の商店街』 小学校高学年向け

まちはずれにある真夜中に開く商店街には、不思議なものが売られています。この商店街のことを知った仲良し四人組は、商店街へでかけ、そこで売っていた素晴(すば)らしい物を、キライな物と交換(こうかん)して手に入れます。最初はキライなものが無くなって喜んでいた四人ですが、なんだか様子がおかしくなっていることに気づきはじめます。
少し「ぞくっ」として怖いけれど、わくわくどきどきして読むのが止められないお話です。

ページのトップへ

左メニュー上