本文上

おすすめのほん

おすすめの本「想像してみよう!いろいろな気持ち」

2017年5月18日

※このページに掲載しているコンテンツのコピー・転用を禁ず

えほん「あかちゃん、がんばれ!」 幼年向け

  • 矢部美智代/作 広野多珂子/絵
  • フレーベル館

おかあさんの おなかに あかちゃんが やってきて いくちゃんは もうすぐ おねえさん。うれしいけれど みんなが あかちゃんばかりを きにしているようにおもえて ときどき つまらないきもちになります。おにいちゃん おねえちゃんになるこに ぜひ よんでほしいほん。

ページのトップへ

えほん「ゆっくとすっく うそは ちくちく」 幼年向け

  • たかてら かよ/作 さこ ももみ/絵
  • ひかりのくに

ゆっくと すっくは なかよしな おともだち。ふたりが あそんでいると ドスーン!と おとがしました。いってみると おさるが おしりを おさえています。きから おちたことが はずかしくて おさるは うそをついてしまいます…。うそをつくって どんなきもちかな? なぜ うそがいけないのかを やさしくつたえるほん。

ページのトップへ

えほん「ぼくだってトカゲ」 小学校低学年向け

  • 内田麟太郎/作 市居みか/絵
  • 文研出版

トンビにおそわれたトカゲは、しっぽをぷっつんときって、にげだしました。あわてたのは、しっぽです。「しっぽなんか、まずくて」と、トンビにもすてられたしっぽは、まなつのたいように、てりつけられて、よわってしまいます。その時、カナブンのおじさんがやってきて…。カラフルな絵とユーモアのあるおはなし!家族でよんでも楽しめます。

ページのトップへ

よみもの「おはなし きょうしつ」 小学校低学年向け

  • さいとう しのぶ/作・絵
  • PHP研究所

子どもたちが、きょうしつで目にしているたくさんのどうぐ。リコーダーとピアニカ、ランドセル、こくばん…。リコーダーとピアニカが、さっきから いっしょうけんめい れんしゅうしています。「♪ド・レ・ミ・レ、うーん、ちょっと ちがうなあ」。ふたりは、なにをれんしゅうしていたのでしょう?ほっこりあたたかく、くすっとおもしろい30話のおはなしです。ほかに『おはなし だいどころ』もあります。

ページのトップへ

えほん「恋ってなに?(こころのえ?ほん)」 小学校中学年向け

  • 大野正人/作 熊本奈津子/絵
  • 汐文社

恋って、いったいなに?だれかを好きになったり、その人のことを考えて、うれしくなったり。時には、とても悲しかったり、どうしようもなくイライラしたり…。楽しいこともつらいこともあるけれど、「恋」は自分をすてきに成長させてくれます。みなさんが、すてきな恋に出会えますように。

ページのトップへ

よみもの「世界のあいさつことば学-「こんにちは」「がんばれ」「ありがとう」などいっぱい-」 小学校中学年向け

  • 稲葉茂勝/作
  • 今人舎

この本は、世界のさまざまな「あいさつことば」を紹介しています。2020年には、東京オリンピックが開かれ、たくさんの国の人たちが、日本に来てくれるでしょう。言葉のちがう国にやってきた外国の人たちが、自分の国の言葉であいさつされたら、どんな気持ちになるでしょう?「あいさつことば」は、色々な気持ちを伝えます。本の中の子どもたちが、どんな気持ちであいさつしているのか、想像してみてください。

ページのトップへ

えほん「ジェーンとキツネとわたし」 小学校高学年向け

  • ファニー・ブリット/作 イザベル・アルスノー/絵
  • 西村書店

エレーヌは今日もひとりぼっち。仲間はずれにされて、どこにも居場所がない…。そんな時、大好きな本「ジェーン・エア」の世界に閉じこもる。ある時、学校のみんなと合宿に行くことになった。いやいや参加したエレーヌが、合宿で起こったある出来事をきっかけに、少しずつ変わっていく。エレーヌの気持ちと共に変わる絵の色彩も一緒に楽しめます。

ページのトップへ

よみもの「ライオンのなみだ」 小学校高学年向け

  • 山部京子/作 
  • 文芸社

長旅で退屈していたサーカス団のライオンのポンタは、軽い気持ちでおりから出て、山へと散歩に出かけます。楽しく野原を走るポンタですが、町では、どう猛なライオンが逃げ出したと、大騒ぎになっています。山で出会った神様が教えてくれた悲しいクマの話…。命の危険を感じるポンタ!人間と共に生きる動物について考えるきっかけになる物語。

ページのトップへ

左メニュー上