本文上

おすすめのほん

小学生高学年向けNo.4

2013年4月1日

えほん『あたまにつまった石ころが』

石ころ集めが大好きだった、 作者のお父さんの実話。
「学ぶ」ということをこよなく愛し、 尊重し続け、 十分な教育を受けることができなくとも、 ただひたすらに石に情熱をかたむけ続け、
とうとう科学博物館の館長になった男の人のおはなしです。

ページのトップへ

えほん『いのちのおはなし』

いのちのおはなし

95歳のお医者さま日野原先生から、子どものみなさんへの「いのちと心のおはなし」です。
「いのち」は、 どこにあると思いますか? 「心臓?」、 「頭?」、 「からだぜんぶ?」 日野原先生の考える「いのち」は、 ちょっと違っています…。 

ページのトップへ

えほん『がまの油』

がまの油

「さあさ、 お立会い、 ご用とお急ぎでないかたは、 ゆっくりと聞いておいで…」
ごぞんじ物売り口上の決定版! 物売り口上の生命は、 ことばのテンポのよさ。 この絵本を読むときには、 照れたり恥ずかしがっていてはダメ! 勢いよく声に出して読んでね。

ページのトップへ

えほん『きみの家にも牛がいる』

きみの家にも牛がいる

きみの家には、 牛がいる? 牛を飼っていなくとも、 牛がいないわけじゃない!
さあ、 自分のまわりを見てみよう。 人間は牛の命をもらって生きているということが、 よ~くわかるよ。

ページのトップへ

えほん『365まいにちペンギン』

365まいにちペンギン

1月1日の朝9時、 宅急便のお兄さんが げんかんのベルをおしました。 箱をあけると、 ペンギンが1羽 入っていました。 それからと いうもの、 毎日毎日 ペンギンが1羽ずつ おくられてきます。
もう、 ぼくの家は ペンギンだらけ。 これって いったい何のため?。

ページのトップへ

えほん『ストライプ たいへん!しまもようになっちゃった』

ストライプ たいへん!しまもようになっちゃった

いつも、 みんなと同じでいたいと思っていたカミラ。 ある日とつぜん、 カミラの体は、 頭のてっぺんからつまさきまで、 色とりどりのしまもようになってしまいます。
カミラの体のもようは、 みんなが好きかってに言うもようへと、 くるくると変わっていくから、 さあたいへん!

ページのトップへ

えほん『ビロードのうさぎ』

ビロードのうさぎ

ビロードでできた おもちゃのうさぎ。
うさぎは ぼうやと出会い、 すぐに大好きになりました。 ぼうやにとっても、うさぎは素晴らしい存在でした。 でも、 年月とともによごれてボロボロになったビロードのうさぎに、 思いがけない終わりがやってきます。 うさぎが 涙でほほをぬらした時、 ふしぎなことがおきました。

ページのトップへ

えほん『わたしのいもうと』

わたしのいもうと

小学4年生の妹は、 転校した学校で、 なんの理由もなくみんなからいじめられました。
やがて、 妹は学校に行かなくなりました。
年月がたち、妹をいじめた子たちは、 高校生になって楽しそうに毎日をすごしています。 まるで、 妹のことをわすれてしまったように…。

ページのトップへ

よみもの『穴』

穴

主人公のスタンリーは、 さえない男の子。 おまけに無実の罪で砂漠の真ん中の少年院に入れられ、 くる日もくる日も砂漠で「穴」を掘る毎日。 不運を大逆転するストーリーに、 元気がわいてきます。

ページのトップへ

よみもの『宇宙への秘密の鍵』

宇宙への秘密の鍵

ジョージ少年とお隣の科学者一家の宇宙を舞台にした大冒険。 スリリングな展開に加え、 宇宙に関する知識が楽しく学べる一冊です。
なんと、 ブラックホールから脱出することは可能なのだそうです。

ページのトップへ

よみもの『銀太捕物長 闇の占い師』

銀太捕物長 闇の占い師

江戸の本所界隈では、 神隠し事件が多発していました。 銀太少年は、 岡っ引きのお父さんと一緒に捜査に乗り出します。
痛快な捕り物が楽しい『銀太捕物帳』シリーズ全4巻の第1弾。
物語の舞台は、 現在の本所地区。 みなさんがよく知っている地名が、 たくさん出てきます。

ページのトップへ

よみもの『白狐魔記 源平の風』

白狐魔記 源平の風

人間に興味を持った一匹のキツネが、 白駒山の仙人キツネのもとで修行を重ね、 さまざまな術を身につけて歴史上の人物と交流していく『白狐魔記』シリーズ全4巻の第1弾。
本書では、 源義経が登場します。

ページのトップへ

よみもの『時間だよ、アンドルー』

時間だよ、アンドルー

12歳の少年ドルーは叔母さんの家の屋根裏で、 自分にそっくりな男の子が写った古い写真を見つけます。 アンドルーという写真の男の子は、 子どものころに病気で亡くなったといいます。 そしてその夜、 ドルーのもとへ アンドルーがあらわれ、 ドルーはアンドルーを救うために過去の世界へ行くことになります

ページのトップへ

よみもの『シャーロットのおくりもの』

シャーロットのおくりもの

生まれて間もなく母親や兄弟と別れ、 静かな農場の納屋で生活することになった子ブタのウィルバー。 ひとり寂しく過ごすウィルバーは、クモのシャーロットと友達になります。
心優しく賢いシャーロットは、 ハムにされる運命のウィルバーを救うために、 知恵をしぼり奇跡を起こします。

ページのトップへ

よみもの『13カ月と13週と13日と満月の夜』

13カ月と13週と13日と満月の夜

カーリーは12歳の女の子。 ある日、 カーリーの前に、 魅力的で大人っぽい転校生メレディスがあらわれます。 メレディスは両親と死に別れ、 おばあちゃんと二人暮らし。
ある日、 おばあちゃんはカーリーのもとにやってきて、恐ろしい秘密を打ち明けます。 そして、「助けて欲しい」と訴えてきます。

ページのトップへ

よみもの『古道具ほんなら堂 ちょっと不思議あり』

古道具ほんなら堂 ちょっと不思議あり

ふしぎな古道具がいっぱいの「古道具 ほんなら堂」。 店主の橙花さんは、 悩みのある子どもたちに何かと力をかしてくれます。
でも、 力をかしてくれるのは、 ほんのちょっとだけ…。 なぜって、 おばあさんの不思議な古道具に出会うと、 みんな自分で問題を解決することができるんです。

ページのトップへ

よみもの『ポータブル・ゴースト』

ポータブル・ゴースト

いつも学校の図書館のすみにいるふしぎな少年。 好奇心が旺盛なディッタは、 その少年が幽霊であることをつきとめます。  
一方、 友だちのマックスの部屋には恐ろしい幽霊が出ることがわかり、 ディッタは名案を思いつきます。 「ポータブル」って、 持ち運びできるという意味だよ。

ページのトップへ

よみもの『モギ ちいさな焼きもの師』

モギ ちいさな焼きもの師

12世紀後半の韓国。少年モギは幼いころ両親と死に別れ、今は橋の下でトゥルミじいさんと暮らしています。ひょんなことから、 すぐれた焼き物師であるミンの下働きになったモギですが…。運命を変えるできごとが、次から次へと起こります。
涙がとまらない感動の物語。

ページのトップへ